満島ひかりの家族がすごい!!旦那は!弟!妹!

c68aa69b414c77c507c4f93127f73630_11242

yjimage (7)芸能関係者からもその演技力の高さに一目置かれる満島ひかり、
旦那は映画監督の石井裕也なんですね。
二人の馴れ初め、満島ひかりの家族、画像が気になったので調べてみました。

 

sponsored link

ダウンロード (3)

プロフィール

満島ひかりのプロフィール

生年月日:1985年11月30日(29歳)

本名:石井 ひかり(旧姓:満島)

出身地:沖縄県沖縄市出身

学歴:八雲学園高等学校

身長:162cm

血液型:A型

所属:ユマニテ


 

1997年 沖縄アクターズスクール主催のオーディションで優勝し、入校、その後7人組ユニット『Folder』でデビュー
『Folder』はその後『Folder5』へ改組

2003年 Folder5の活動休止後、TOKYO MXのバラエティ番組『ゼベック・オンライン』のアシスタントとして芸能活動を再開、
司会・グラビア・タレント活動を経て現在の女優業に転向

2009年 映画『愛のむきだし』での演技が園子温監督に高く評価され、数々の賞を受賞するとともに、知名度が上昇

2011年 フジテレビ系ドラマ『それでも、生きてゆく』で連続ドラマ初ヒロイン


 

もともとは安室奈美恵と同じアクターズスクールだったんですね!

 

映画『愛のむきだし』で園子温監督は満島ひかりの演技を絶賛していたそうです。

 

旦那との馴れ初め

満島ひかりの旦那は映画監督の石井裕也で、代表作は『川の底からこんにちは』、『あぜ道のダンディ』、『舟を編む』、『バンクーバーの朝日』でヒット作も多いです。

yjimage (5)

二人の出会いは満島ひかりの主演映画「川の底からこんにちは」で監督と女優という立場での出会いがきっかけだそうです。

ちなみに、アタックを仕掛けたのは満島ひかりからだったそうです。

 

『川の底からこんにちは』が公開されたのは2010年5月で、結婚したのは2010年10月、

交際期間は1年間だったということですから、もともと相性が良かったこと、お互い仕事を尊重しあう関係だったことが良かったのでしょう。

 

満島ひかりの弟

満島ひかりの祖父はフランス系のアメリカ人で、みなさんクォーターってことになります。
ちなみに、父親は中学校のバスケットボール指導者で全国優勝経験もあるそうです。

凄い一家の予感がしますよね。

満島ひかりの弟の満島真之介は俳優ですが、かなりのイケメンです。

image (1)

 

 

 

 

 

 

 

 


満島真之介のプロフィール

生年月日:1989年5月30日(26歳)
本名:満島 真之介(みつしま しんのすけ)
出身地:沖縄県沖縄市出身
身長:177cm
血液型:B型
所属:ユマニテ

2010年 舞台『おそるべき親たち』で中嶋朋子の恋人役としてデビュー
2011年 フジテレビ系『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』に天王寺恵役で出演


満島真之介は2014年末に結婚しているのですが、

その相手が驚きで、相手は姉・満島ひかりのマネージャーでした。

しかも、そのマネージャーは真之介より7歳上も上だそうです。

 

満島ひかりの妹

満島ひかりの妹はモデルの満島みなみなんですが、
これまたハーフみたいな顔だちで美しすぎます。。

yjimage (6)

 

 

 

 

 

 

 

一家そろって美男美女なんですね。


満島みなみのプロフィール

生年月日:1991年1月28日(24歳)
本名:満島 みなみ(みつしま みなみ)
出身地:沖縄県沖縄市出身
身長:172cm
スリーサイズ: 80-64-91cm
所属:AMAZONE


 

モデルだけあって、172cmと女性としては長身ですね。

小さい頃は父親の影響もあってかバスケット漬けの日々を送っていたそうです。

 

現在はCMや雑誌のモデルとして活躍しているようです。

ちなみに、満島みなみが載ったことのある雑誌は、『GINZA』、『装苑』、『Ku:nel/ONKUL/kiitos』、『リンネル』、『.fatale』、『花椿』、『STUDIOVOICE』。

 

出演しているCMはこちら、『ラゾーナ川崎プラザ』のバーゲンのCMです。
ラゾーナ バーゲン ♪ ラゾーナ川崎プラザ CM

今はそれなりの知名度ですが、これだけの美貌とスタイル、満島ひかりの妹ということも考えると、ブレイクの予感がしますね。

 

【満島ひかりの家族がすごい!!旦那は!弟!妹!】についてでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る